産業保健師の求人と実際 - 人数&勤務体制について

保健師 求人 → 保健師の求人│企業内での産業保健師の人数は?

保健師の求人│企業内での産業保健師の人数は?

企業内で保健師として働く産業保健師の数はどれくらいなのでしょうか。平成20年のデータによると保健師が約43,000人いる中で、産業保健師は約3,500人と全体の約8%にあたり、保健師が就く職場として、企業というのはまだまだ少数派である事が分かります。
保健師の転職サイトを活用した採用活動

その他の保健師は公務員として働く行政保健師や学校で働く学校保健師などがあります。ただ、産業保健師も現在の職場でのメンタルヘルスや生活習慣病への注目から、増える事が予想されています。

産業保健師の人数は企業の中で決められている訳ではないですが、間接部門になるため人数としてはどこの企業でも少なめである事が多いです。ただ、企業の従業員の健康管理は、業務がスムーズに行われるために欠かせないため、選任という形で、この人なら任せられるという方を厳選して担当してもらうという事になる事が多いです。

具体的な人数で最も多いのは事業所に1人で、保健師を置いている職場の約4割になります。1人の保健師が企業の従業員全体の健康管理を行うため、その責任はとても大きく、裁量の幅も大きくなります。

それに続いて2名の所が2割弱、3名の所は1割となります。それ以外は4名以上となりますが、特に大手の企業で従業員数も多くなると、保健師の数も10人を超える所も出てきます。

数千人規模の従業員の健康管理をするとなると一人で全てを担当する事は到底難しく、チームで業務を行っていくという形を取っており、保健師の他にも産業看護師や産業医などの別の専門の方たちとも連携して業務を進めていく事になります。

1名体制の場合、その企業の産業保健師になるのは中々難しい面がありますが、数名から十名を超える体制の職場の産業保健師になるのは、人の入れ替わりなどでチャンスが出てくる可能性もあります。

産業保健師にこれからなる事を考えている方は、企業の規模なども参考にすると、チャンスがありそうかがより明確に分かるようになってきます。

看護師の勤務時間や休憩時間の実態

看護師の勤務時間は、会社で働くサラリーマンと同じように一日8時間程度と決まっています。そして休憩時間はお昼に1時間あり、残業をすれば残業手当が支給されるのが普通です。

でも看護師の仕事はたいへん忙しく、激務と言われることもあります。定時に仕事を切り上げようとしても次々と作業があって終わらせることができず、毎日のように残業が続くこともあります。病院によっては残念ながらサービス残業が日常的になっていて、残業代を請求せずに働く看護師も多いようです。

残業時間まで含めると、一日の勤務時間が10時間を超えてしまうこともあります。あまりに忙しい日々が続くと、次の日の仕事にも差し支えるのでできれば定時に帰れると良いのですが、そうもいかないようです。

小さなクリニックであれば定刻にあがることも可能ですが、次々と急患がやってきて対応しなければならない現場では、時間がきたからといって帰るのは難しい場合があります。看護師の方でこれから就職や転職をする方は、残業の有無について事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

病院からも、残業はできるかどうか聞かれるかもしれません。採用されたいからといって安易に残業ができると言ってしまうと、あとで苦労することになります。子育て中の方や、仕事の後で勉強の時間を確保したい方など、残業ができないのであれば事前にきちんと言っておくことが大切です。

休憩時間については、基本的には職場で定められた時間に休憩をとることができます。通常はお昼の1時間を食事と休息のために使うことができます。

日勤の人はお昼の時間帯に休憩をとりますが、準夜勤や夜勤の方ですとなかなか1時間の休憩が取りづらいこともあるようです。日勤は働いている看護師の数も多いので交替で休憩をとることも可能ですが、夜勤は人数が少ないのでそれも難しいのです。

こうした状況は職場によってかなり異なります。夜勤の時もきちんと休憩や仮眠を取れる職場もありますから、現在仕事を探している人は、こうした条件も確認しておくようにしましょう。